ALL FOR WAN プロジェクト 〜すべてはワンコの為に〜犬たちの為になる情報を愛犬家の皆様にお届けします。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
新しい犬界を考える会2 国会 04:34
JUGEMテーマ:ペット
 

株)ドッグランの星です。
こんにちには。

第2回目の国会勉強会のご案内です。



JKC
会員各位

                          平成246月吉日

                         新しい犬界を考える会

                         会長 前田雄吉(前衆院議員)

 

先般は、新しい犬界を考える会有志の呼び掛けに、

本当に多くの方々にご参加とご賛同をいただき、誠にありがとうございました。

 

私たちの思いは、

 

天下りをなくして公益法人を存続させること、

JKCを私物化させないこと、

JKCの有形無形の財産を守ること、

各種の資格やライセンスを存続させること、

会員の意見が反映される民主的な組織にすること、 等を目的にしています。

 

活動開始後、全国から有力情報が沢山寄せられており、司法との協議も進んでおります。

クラブ代表の皆さんは、絶対に白紙委任しないで通常総会に出席して下さい。

 

 

本会は、2回目の新しい犬界を考える会 国会勉強会を行います。

ご多忙とは存じますが、お誘い合せの上、お一人でも多くの方々にご参加を頂きますようお待ちしております。

 

            記

日 時  平成24620() 午後530分から

場 所  衆議院 第1議員会館 多目的会議室

内 容   *動物愛護議連会長 基調講演

      *JKC通常総会と喫緊の展望について

 

当日の模様は、ライブ放映も致しますので(17:30スタート)是非ともご覧ください。

サイト USTREAM   http://www.ustream.tv/

■番組名  新しい犬界を考える会2 国会  (←番組名を検索して下さい)

 

http://www.ustream.tv/channel/しく犬界を考える会-国会 

 


■前田会長と三宅事務局長の対談がユーチューブにアップされております。■

 

1,新しい犬界を考える会って?  

  http://www.youtube.com/watch?v=QCY1OEP_MBU&feature=relmfu

2,一般社団になるとどうなるの?

  http://www.youtube.com/watch?v=ieEnioz9Bow&feature=relmfu

3,ミックス犬ってなに?   

  http://www.youtube.com/watch?v=ZSJI7stdNZE&feature=relmfu

 

  計3本、是非ご覧ください。


You Tube内の検索は [新犬界」で検索して下さい。

 

■■去る530日 1回目の新しい犬界を考える会 国会1のライブ映像の録画もご覧頂けます。■■

サイト USTREAM  http://www.ustream.tv/

番組名 新しい犬界を考える会1 
  http://www.ustream.tv/recorded/22952184

*ページ下部 最近の過去のライブ からご覧下さい。録画6本ございます。
カメラの設置ミスで横向き映像もございます。。。見辛くてすみません。。。。


三重県員弁郡東員町城山1-51-1

事務局 三宅耕三(クラブ代表)

TEL O594-76-8422  FAX 0594-76-8282

E-mail : miyake@zf.daa.jp

 

| | comments(0) | trackbacks(0) | posted by dogrun02
新しい犬界を考える会1 国会 のご案内 23:33
JUGEMテーマ:ペット
 

(株)ドッグランの星です。

 

5月30日(水曜日) 17:30 より
国会「第二衆議院議員会館」にて
「新しい犬界を考える会、国会勉強会」を開催させて頂きます。

当日は、
前内閣官房副長官の松野頼久先生、
動物愛護議連の岡本英子先生 他講演もございます。

 
受付開始時間は、16:30分です。


以下詳細です。

 

動物愛護法の改正と共に、犬界の様々な見直しが国によって行われようとしています。

 

そこで、これまで犬界を支えて頂いてきた業界関係者様のお声を直接伺いたい。とのご要望を頂きましたので、

2012年 530日(水) 国会(衆議院第二議員会館)にて、『新しい犬界を考える会』を開催させて頂く事になりました。


1
人でも多くのブリーダー様、トリマー様など業界関係者様にご参加頂きたく、御案内させて頂きました。

 

基調講演

松野頼久先生  『 衆議院議院運営委員会筆頭理事、前内閣官房副長官 』

岡本英子先生  『 動物愛護議連、犬猫等殺処分禁止議員連盟事務局次長 』

 

岡本英子先生は、201235日、国会にて、犬界についての質疑応答を行われた先生です。

その時の模様は、こちらのリンク先( 国会衆議院TV )をご覧下さい。

 

http://www.youtube.com/watch?v=RGvcMnWtjeI

 

 

『新しい犬界を考える会』は、ブリーダー様、トリマー様など業界関係者のご意見を直接、国の上層部の方々へお伝え出来るよう発足させて頂いた会です。

業界関係者にとっても、これまでに無い、記念すべき会になると思います。


是非とも、皆様のご意見を国の上層部の方々に直接お伝え下さい。

 

また、国がどのように考え、活動されているのか? 直接聞く事の出来る、またと無い機会だと思いますので、是非ご参加下さい。

 

 

■開催日時

2012530日(水曜日)  17:30開始 (約1時間を予定しております)

 

■受付開始時間 

16:30から開始致します。

 

■受付場所

受付は、衆議院第2議員会館入口です。直接お越し下さい。(周辺地図は下記リンクにて御案内しております)

 

2会館ビル入口にて受付 入場用パスカードをお受け取り下さい。

(国会の正門、北門、南門ではありませんので、ご注意ください。)

 

 

■意見交換会  18:3020:00まで 

当日は、業界関係者様にお集まり頂ける貴重な日になると思います。

その為、会場は20時までお借りしておりますので、勉強会の後もお時間が許される方は、意見交換会を行いたいと思いますので、同会場に残って下さい。

是非とも、実りある有意義な1日にしましょう!!



■会場

衆議院第二議員会館 多目的ホール (141名収容) 

 

■会場地図  リンク先をご確認下さい。

http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kokkaimap.htm

 

 

■参加受付

勉強会へ参加させる場合は、お手数ですが、

メール、またはFAXにてご返信をお願致します。


参加希望、もしくは賛同者希望(下記詳細)、と書いて下記の連絡先まで、メールまたは、FAXを送信して下さい。必要書類を送付させて頂きます。
必要事項をご記入の上、ご返信下さい。
 

送信先  『新しい犬界を考える会』事務局

 メールの送付先アドレス miyake@zf.daa.jp

 FAXの送信先番号   0594-76-8282

 

■賛同者の募集 会の状況報告■

 

会場へお越し頂く事が出来ない方にも『新しく犬界を考える会』への賛同者を募集させて頂きます。

 

賛同者にご登録頂いた方々には、会の模様をメールにてご報告させて頂きます。

_______________________________________________

 

526日現在の賛同者数は118名です。

 

 

賛同者は、犬界が良くなって欲しい、と願われている方々ばかりです。

 

当会は、賛同者数によっても、動きが大きく変わると思いますので、1人でも多くの方にご参加頂きたく願っております。

 

 

他に、犬界が良くなるのではないか?ここは変えてみても良いのではないか?と言った、ご意見、ご要望もお寄せ下さい。

 

当会が、今後の犬界を担う、大きなきっかけになりましたら幸いです。

 

1人でも多くのブリーダー様、トリマー様を始めとする業界関係者にご参加頂きたいと思います。

 

何卒、宜しくお願い致します。

 

お忙しい中、お時間を頂きまして、誠にありがとうございました。

 

 

メディア賛同者  (株)ドッグラン 代表 星 秀樹

 

| | comments(0) | trackbacks(0) | posted by dogrun02
子犬を取り巻く各国の規則 19:05
ここで海外の子犬販売に関する法律ならび規則をご紹介します。



世界最大のケンネルクラブFCI(本部ベルギー)の規則

日本最大のケンネルクラブJKCもFCI加盟団体です。
当然JKCの会員であるブリーダーさんにも会員規則が当てはまります。


会員規則がこちらです。
http://www.fci.be/uploaded_files/Breeding_EN.doc

子犬の取引きに関する項目を抜粋すると

Dog traders and commercial dog breeders are not permitted to undertake breeding in a member country or contract partner of the FCI.

と記載されています。こちらを翻訳すると

FCIでは、FCI加盟国( JKC )及びそのパートナー( JKC会員ブリーダー )は、
Dog traders ( 犬の仲介業者、犬市場、ペットショップ )と
commercial dog breeders ( 商業用の繁殖者であるパピーミル、バックヤードブリーダー )との
取引きをしない事。

となっているのです。
なのに日本では.............


アメリカ  連邦法
連邦法と州法が存在するが、連邦方は全州に渡り効力を有する効力があります
生後8週間以上にならない限り輸送または業者に渡してはならない。また、月齢が満たされた場合でも離乳済みの犬猫でない限り輸送してはならない。

イギリス   
1999年制定 犬の飼養および販売に関する法律
犬の飼養業の許可を受けている者は、いかなる場合も、生後8週間に達していない犬を販売してはならない。

スウェーデン
生後8週間以内の幼齢な犬は母親から引き離してはならない。

ドイツ
いかなる場合でも8週齢未満の子犬は、母犬から引き離してはならない。
但し、生命を救うためにやむを得ない場合を除く。その場合であっても体調が戻り次第、引き離された子犬と母犬は8週齢までは一緒に育てなければならない。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

以前にブリーダーさんからこんな事を聞きました。

“先日、スウェーデンのケンネルクラブの方々が見えた時の事なんですが、
その方々を食事に連れて行く際に、ペットショップを見つけてしまったのです。
可愛い子犬達がショーウィンドウに並べられていました。
海外の方はペットショップを子犬の地獄 だと思っていると聞かされていたので、
一瞬にして心臓が縮み、あぁ・・どうしよう......と思ったのですが、
案の定、彼女達は立ち止まり、絶句しているのです。

多少の沈黙が流れ、その一人が窓越しに近づき、泣いているのです。

私は何も言えませんでした。
彼女達も何も言いませんでした。
私にはどうする事も出来ない事を彼女達は知っているからです。
でも私の気持ちは、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

このお話を聞いてから私自身何年も経っていますが、何も出来ていません。。。。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
子犬と母犬や兄弟犬を離す時期に関しても、各国ともに規則がありますが、実は、ここにも根拠があるのです。


この事の重要性を学術的な視点から解明してきたのが、動物行動学の第一人者である東京大学 森 教授の研究チームです。
森教授の研究チームでは、哺乳類であるげっ歯類をモデルとした研究により初生期環境の影響を調べています。特に生育環境における親兄弟の存在と関係、社会的環境です。
森教授は、NHKの『ためしてガッテン』などにも出演していますのでご存じの方もいるかと思いますが、研究テーマのベースは、動物の個性が作られるのは“氏か育ちか”という問題に関する研究を進められております。
要するに、性格形成にとって大きく影響するのは、生まれ(血統)が大きく関わるのか?それとも育つ環境が大きく影響するのか?どちらのウエイトがその後の性格に大きく影響しているのか?と言う事です。
これは、子犬を迎えてもらうブリーダーさんにとっても重要な事ですし、子犬を迎える側である飼い主さんにも大きく関係してくる大切なポイントです。

この研究テーマに関する結果は
まさに ”三つ子の魂百まで” といった感じです。
想像していた以上に育つ環境がその後の性格形成に大きな影響を与え、その時点で備わった性格は後の一生に大きく影響を及ぼします。
おそらく犬や人も含めた他の動物にも共通する部分が大きいであろうと推察しておられます。

ここで2つの異なる環境で育てられた場合の性格を例に出すと、
親兄弟と共に育てられた場合は、
精神的にも安定した穏やかで温厚な性格に育ち、物おじせず興味の対象が広く与えられた環境に対する適応能力が高いようです。

逆に、ひとりで育った場合
離乳後の栄養学的にも母親に依存しなくなった時期でさえ、母親から引き離すと、
生涯にわたって精神的に不安傾向が高く、攻撃的な性格になってしまうことが実験結果から分かってきました。

この結果を森教授から教えて頂き感じたことは、

子犬を迎えるのであれば、皆様に迎えられるギリギリまで親や兄弟犬と共に育つ事の出来る環境が子犬に必要かつ重要である事

間違いなく親元であるブリーダーさんから直接迎える事が子犬にとっても、その後共に暮らす事
子犬を迎える飼い主さんにとっても大切な事。

です。

これらの事を踏まえて
ブリーダー直譲システムの主旨になりました。
日本ブリーダーガイドが生まれました。
http://j-b-g.jp

まだまだやれる事が山盛りです。



| | comments(0) | trackbacks(0) | posted by dogrun02
2008・08・08 トリプルに末広がりな日 23:42
本日より、ヤフー、グーグルの検索エンジンにて『 犬の街 DOGTOWN 』内の3サイトが検索結果で上位表示されるようになりました。
検索エンジンで上位表示されるという事は、今まで当サイトをご存じない方々と出会えるという意味で凄く重要な事です。
現在、いくつかの検索キーワードにて上位表示させて頂いていますが、
会員ブリーダーさんの方々にもご希望の検索キーワードがありましたら、お知らせ下さい。上位表示させて頂きます。
宜しくお願い致します。
                        運営事務局
| | - | - | posted by dogrun02
2008年8月1日 本日プレオープン出来ました!! 22:27
ブリーダーさんから直接子犬を迎えるためのサイトです。
ブリーダーさんは少数精鋭ですが、これから子犬を迎えようとお考えの皆様、今後とも『 犬の街 DOG TOWN 』を宜しくお願い致します。
『 犬の街 DOG TOWN 』運営事務局
| | comments(2) | trackbacks(0) | posted by dogrun02
2008年08月01日 日本ブリーダーガイド プレオープン致します。 16:08
いよいよ 『 犬の街 DOG TOWN 』最初のコミュニティサイトがプレオープン致します。
ブリーダーさんから子犬を直接迎える為の情報サイト
日本ブリーダーガイド
子犬探しのパートナー
子犬ナビ
犬の図鑑の決定版
犬図鑑.com

まだまだ『 犬の街 DOG TOWN 』には各種犬のコミュにサイトの建設ラッシュが続きます。
是非ともお楽しみに!!
それでは今後とも宜しくお願い致します。
『 犬の街 DOG TOWN 』運営事務局一同



| | comments(2) | trackbacks(0) | posted by dogrun02
| 1/1 |